えええええ

ことぶきクラブ管理者 のすべての投稿

サイクリングコース清掃

 5月20日(金)に素晴らしい好天の中、サイクリングコース清掃作業を行いました。今年の参加者は昨年の倍近い、なんと総勢86名。

 サイクリングコース・スタート地点から境港市南端まで約3kmを、地区別の3班に分かれて担当しました。自転車で走られる皆さんはマナーが良いので、道路上は綺麗なものです。

 しかし道の両側には海から流されて来たり、風で運ばれてきたと思われるゴミや、立ち枯れて美しくない雑草が横たわっています。皆さん道の両側に入って清掃に取り組みました。

 そこで気が付いたのは、かなりまとまったゴミの塊です。ビニール袋に入れて持ち帰るには大きすぎましたので後で市の清掃センターへ連絡し、県と相談して収集して頂くことになりました。このゴミはおそらく、気の付いた個人の方が集めて置いていたものと思われます。

 予定より早く約1時間余りで清掃は終了。皆さんへはお疲れさんとアンパンが配られました。

                         総務委員長 上灘 二郎

 

 

第1回「写真を語る会」

令和4年4月26日(火)、浜の里において令和4年度第一回「写真を語る会」を行いました。

 今回のテーマは「光」です。
 順光、逆光、側面光の特徴について写真を見ながら勉強しました。

順光 逆光
 さらに上方光、直射光、拡散光、スポット光、透過光、ストロボ光、などについても学びました。
側面光  

 次いで参加者が持参した写真をそれぞれ見ながら「写真の特徴をいかに出すかととか、余計なものが映ってないかとか、どのようにトリミングしたらいいか」とか撮影者と話し合いを行いました。

 

 その後私の撮った「桜の写真」をみんなで見ながら良い写真、普通の写真、失敗作などを話し合いました。

 

 なお次回は7月26日(火)に、撮影会は9月中旬・下旬頃を予定しています。

                        中浜西地区理事 松本 功

阿部 前福祉部長さんがご挨拶に

福祉保健部 阿部前部長さんが退任のご挨拶に。

 どんな時も誠実を根本に 困難の只中にある方々の幸せを願い行動をされてこられたお姿を思い出します。本当にありがとうございました。

 本会も本格的にいよいよ事業スタートします。
先ずは交通安全協会と共催のグラウンドゴルフ大会、
1週後にはサイクリングコース清掃活動、
 そしてお一人暮らしの方を訪問する友愛活動と
みんなで呼吸を合わせて進んでまいります。
                          会長 川口 昭一

傾聴委員会の”幸朋苑”訪問

 コロナ禍も3回目の春を迎え、人々のコミュニケーションはオンラインが主流になりそうです。

 ことぶきクラブの傾聴ボランティアは、老人保健、福祉施設を訪問し、お話し相手の活動をしていますが、施設への面会禁止により休止状態です。定例の委員会では、なじみになった入所者さんとの傾聴場面を振り返っていますが、次に生かす機会は遠ざかるばかりです。

 何かでメンバーの心を伝えたいと手作り作品を届けることにしました。童謡歌詞を記した絵はがき、塗り絵はがきにメッセージ、折り紙「だるまの絵馬」を古布のプレートに入れて、新聞紙の再利用バックも添えました。声を合わせて歌う童謡は、お話を聞く以上に入所者さんは満足を得られます。お花の塗り絵、健康祈願の絵馬など、手作り作品が傾聴委員会メンバーの心を届けてくれるといいですね。

                                                                           傾聴委員長 中村 登美子

施設内へ入れないため、入居者へのプレゼントを荒井 総合施設長へお預けしました。

 

会計監査

 百花も咲う春の中、4月7日(木)に監査を終えました。

 昨年度は新型コロナのニュースに、眉間にしわを寄せてばかりでしたが、新しく迎える年は自他共の健康と幸せの花が開くよう、みなで笑顔を咲かせ、笑顔を届ける活動をしていきたいです。

                      総務委員長 上灘 二郎

スマホ教室

 4月8日(金)に「浜の里」において、障がい者団体と、ことぶきクラブを対象に、まずは「スマホってどんなことができるの?」という体験をして頂く教室が開かれました。
スマホに変えたいけど難しそう、変えたけど電話をするのがやっとという方達の為に、ドコモから説明員が5人も来て下さいました。

   手取り足取りの説明で、まずは「音声だけで、こんなことまで簡単に調べられるんだ!」という驚きの声が。「明日の天気は?」、「生まれ年を西暦では?」、「3分経ったら教えて」、「今自分は何処にいるの?」、「上道の郵便番号を教えて」、「出雲大社は何処に有ってどんなところ?」、さらに「吉永小百合の誕生日は?」などなど。

   この講習会は引き続いて開催されます。内容としては、今回のような体験コースと、一歩進んだ入門基礎コース(電源の入れ方、カメラの使い方、文字の入れ方、インターネットとは?、気になる料金についてetc.)です。

   次の教室は5月17日(火)、20日(金)、27日(金)に計画されています。どしどしコースに分けて参加の申し込みをして下さい。その人数により予定を組みますので。

                                                                                  総務委員長 上灘 二郎

フレイル予防講習会

 市、社協、ことぶきクラブ共催の『フレイル予防講演会』が3月29日、夢みなとターミナルにて開催されました。
 今回は、東京大学 高齢社会総合研究機構機構長 未来ビジョン研究センターの教授 飯島 勝也 先生を講師としてお招きしました。

 境港市では平成30年度よりスタートしたフレイル予防の取り組みですが、新型コロナウィルス感染症流行による外出の自粛が長期に及び、人々は「生活不活発(動かさないこと)」に陥りやすい状況にあります。また人と人との接触も制限されて、身体ばかりでなく心にも影響が出てきていると言われています。
 このたびの講演の中で、文化活動や地域活動、奉仕活動などに参加することを通じて体を動かすことがフレイル予防にも繋がること。そしてより健康寿命が増進することを再確認できました。
 フレイルの進行を予防するためにも、感染対策を講じながら人と人とのつながりを絶やすことなく、「運動」・「栄養」・「社会参加」を生活の中に取り入れていきたいと思います。

 会員により前日からの準備、そして当日は早朝から駐車場係、受付係、片付けまで役割を決めて円滑に会を進めることができました。

 これからも人生100年時代を元気で生活できるよう皆様で協力しあい取り組んでいきたいと思います。

                          健康委員長 竹内 健治